気軽に相談できる渋谷区の税理士事務所 梶田税理士・社会保険労務士・司法書士事務所

活動指針
プロフィール
アクセス
お問合せ
個人情報保護方針
料金表(顧問報酬例)

法人のお客様
登記関連のお客様
確定申告のお客様
相続関連のお客様
給与・労務関連のお客様
English Site

最近の情報
会社設立手続
税制改正
公益法人移行手続

会社法Q&A 
交際費Q&A
役員給与Q&A
減価償却Q&A

代々木近辺の店紹介
リンク集
HAPPYブログ
税務&労務ブログ

確定申告のお客様
  確定申告のお客様
次の方は、確定申告により、税金が戻ってくることがあります!
・年の中途で退職して、年末調整を受けていない方
・年末調整で、生命保険料・地震保険料等の控除を受けていない方
・本人・ご家族の入院・出産等で多くの医療費を払った方
・特定の公益団体、市町村(ふるさと納税)等に寄付をされた方 (合計2,000円超の方が対象)
・借入金により、住宅の取得又は増改築をされた方
・株式、投資信託の譲渡につき損失がある方
・マイホームの譲渡について損失がある方
・災害、盗難等により、財産の損失がある方

このようなご相談をいただいております!
・ストップオプションの権利を行使したのですが、その時の申告方法を教えて欲しい。
・不動産を処分しましたが、税金関係がわからないのですが?
・身内が病気になって、長期間入院をしていたのですが?
・自分で行っていた申告を今年は税理士さんにお願いしたい。



(1)不動産の賃貸料収入の申告

(2)不動産(土地・建物)の譲渡の申告

(3)不動産の買換え、交換等に関する相談

(4)株式、投資信託等の収益の申告

(5)株式の配当に関する申告(配当控除が受けられるケースがあります。)

(6)ストックオプションに関する申告

(7)医療費控除の申告
(足切りの金額は、所得の合計額の5%なので、所得が200万円以下の方は、年間医療費の合計額が、10万円未満でも、控除が受けられるケースがあります!)

(8)寄付金控除の申告(日本赤十字社、災害への義援金等一定の寄付金が、原則として2,000円を超えた部分が控除の対象です。)

(9)雑損控除(災害、盗難等により、損害を受けた方)の申告

(10)住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)の申告
(借入金は、償還期間が10年以上である等一定の要件があります。)

(11)2ヶ所以上の会社から給与を受けられた方の申告



COPYRIGHT(C) 渋谷区の税理士・司法書士・社会保険労務士 梶田総合事務所 ALL RIGHTS RESERVED.